10 15

投稿者: 山田尚矢
2010/10/15 0:27 

外板を張り替える事にしましたので、ポート側から切開していきます。

 Y-15マーク3 外板張替 腐蝕部分 

切開するのは、F2~F4までのセクションです。
F4の真上を罫書き、切れの悪い使い捨てのノミ(笑)で外板を剥していきます。

 Y-15マーク3 外板張替 切開作業1

F2も同様に、ひたすらノミを振るいます。

 Y-15マーク3 外板張替 切開作業2

出来ればバテンは再利用したかったので慎重に剥しましたが、残念・・・・。
ポッキリ折れています。

 Y-15マーク3 外板張替 切開作業3 

第2チャインとの接合部にはガラスクロスで補強がされていました。
当然コレも剥していきますが、ノミの歯を軽く当ててやるだけでビリビリと剥れていきます。

 Y-15マーク3 外板張替 切開作業4

バテンにはどんな木が良いのか、横山先生の「ヨット工作法」を読み返してみると、スプルースかラワンと記されていました。
大工のヒロに相談してみると、端材を分けて貰える所が有るそうで一安心。
但し、在庫次第でスプルースかラワンのどちらになるか、今の処は判らないらしい。

残りはあと1週間。
間に合わないのは目に見えてますが、最後まで頑張ってみます。

 << 前回へ次回へ >>

Tags:

お名前:
e-mailアドレス:
(オプション)グラバター表示用としてのみ使用されるe-mail
ウェブサイト:
タイトル:
コメント:
セキュリティコード
上に表示されたコードを下のボックスに入力してください。
コメントを追加   取消