9 22

投稿者: 山田尚矢
2010/09/22 23:10 

今度も、前回の更新からひと月近く経ってしまいました。(猛汗)

ひとまず完成した船台です。   

 

早くも錆の浮き始めた鋼材には、ローバルを塗る事にしました。
さび止め効果を上げる為、3度塗りします。

 Y-15マーク3 船台改造 防錆剤塗布 

受け台は、模りしたコンパネを2X4材にコーススレッドで仮止めし、ポリエステル樹脂とタルクを混ぜたパテを作り、隅に充填してフィレットを形成する事で、接合部の強度アップとFRP積層時における骨材の浮きを防止します。

 Y-15マーク3 船台改造 フィレット付け

一旦、船台フレームにボルト&ナットで仮止めし、ボルトの頭を同様のパテで固め、上から積層していきます。

 Y-15マーク3 船台改造 ボルト埋め加工

MRMと3プライしますが、最後の1プライはトップコート樹脂で積層し、ゲル化した頃合を見計らってカッターナイフを使ってトリミングします。
完全硬化してしまうと、 サンダーで切断しなければならないので、あの地獄の痒みと戦うことになります。

 Y-15マーク3 船台改造 FRP積層

組み上がった木材部をハル受け部に乗せ、同じくパテでフィレッティングします。

 Y-15マーク3 船台改造 フィレッティング

同じくMRMと3プライし、最後の1プライはトップコート樹脂で積層します。

 Y-15マーク3 船台改造 FRP積層2

巣穴やピンホールをパテで拾います。
パテが乾燥するまで手持ち無沙汰になってしまい、ハルから脱型する事にしました。

 Y-15マーク3 船台改造 パテ付け 

そこいらにある割り箸やパテベラなど、母材を傷付けないものを差し込んで行くと、パカッと綺麗に脱型する事が出来ました。
離型処理の為に貼ったPEテープにマジックで罫書いた線も、綺麗に複写されています。

 Y-15マーク3 船台改造 脱型

恐怖の作業です。(笑)
罫書き線に沿って、サンダーで切断します。

 Y-15マーク3 船台改造 FRPカット
粉塵が飛び散ります。
コレが毛穴に刺さると、シャワーを浴びようがサウナに入ろうが、暫くはチクチクに悩まされる事になります。
お勧めの処方箋は、「波乗り」です。
1日海に浸かって波に揉まれていれば、あの執拗なまでの痒みが嘘のように飛んでしまいます。

海から帰って、いよいよ仕上げです。
#320のペーパーでパテ研ぎした後、2液性ウレタン塗料を吹き付けします。

 Y-15マーク3 船台改造  

ハル受け部の当り面には、糊付きの1mm厚のフェルトを貼ります。
角も保護したいので、広い目にカットし、暫くの間ガムテープで上から留めておきます。

 Y-15マーク3 船台改造 フェルト貼り

最後に、ハルの清掃です。
離型処理の為に貼ったPEテープの糊が、ベタベタになってハルにこびり付いているのを、ガソリンを含ませたウエスで丁寧に取り除いていきます。

以上、実作業時間は極めて少ないのですが、なかなか時間が取れずに、やっとのことで船台が完成しました。
残り時間は少なくなる一方で、尻に火がついて来ました。

果たしてレースまでに間に合うのか・・・・? 

1. ローバル スプレー300ml 2本 ¥2,960 防錆剤
2. 2液性ウレタン塗料 ¥2,380
3. カッター 替刃 ¥105 ダイソー
4. ポリエステル樹脂 ¥3,600 1Lx2缶
5. アセトン ¥2,520 1Lx2缶 
6. PPカップ ¥160 2ヶ
7. 糊付き1mm厚フェルト ¥1.700 東急ハンズ

 本日の支出合計:¥11,727-

 << 前回へ次回へ >>

Tags:

お名前:
e-mailアドレス:
(オプション)グラバター表示用としてのみ使用されるe-mail
ウェブサイト:
タイトル:
コメント:
セキュリティコード
上に表示されたコードを下のボックスに入力してください。
コメントを追加   取消